買ってらっしゃいませ、お客サマー

イギリスで思わぬ出会い、魚に合わせる絶妙の品?

イギリス・ケント

へええ、これらが地元で楽しまれている典型的な朝食なんですか……って、イギリスの朝食といえば、卵、ベーコン、ソーセージ、焼きトマト、ハッシュドポテト、フライドオニオン、ベイクトビーンズなどを添えたイングリッシュ・ブレックファーストが知られているじゃないですか。でも、今回夫の故郷イギリスに帰省中(http://www.asobist.com/tokushu/tokushu-2/100727-b.php)にいただいた朝食は、どちらかというと日本ではあまり知られていない、でも英国の朝食としては典型的なメニューがちらほら。そんな朝食との出会いからふたコマ。
100810_01_01.jpg
Kipperを買いにフィッシュマーケットへ
100810_01_02.jpg
オレンジジュースとの組み合わせもかなりイケてました
ひとつめは、キッパー(Kipper)と呼ばれるニシンを塩漬けにして燻製にしたもの。このキッパー、イギリスでは代表的な朝食メニューらしいです(が知りませんでしたよ)。塩漬けにしたニシンを燻製にしてあるくらいですから、ものすごく塩が効いていて魚油がみなぎっている。食べているとどうしても白ご飯がほしくなる。でもここはイギリス。キッパーをパンといただくんです。うう、口の中が脂っこ過ぎてしまう……と思った矢先に目に入ったのは、キッパーと一緒に運ばれてきたオレンジジュース。
魚にオレンジジュース……?
でもこれが妙に合うんです。フィッシュオイルとオレンジのフレッシュさが口の中でなんともいえない巧みな味を生み出すんです。西洋的な魚料理の組み合わせに意外な面白さを見つけた瞬間でもありました。

100810_01_03.jpg
噂の“兵隊朝食”です
二つ目はソールジャーと呼ばれる朝食。“Soldiers”って兵隊って意味ですよ。どんな危険な朝食なんでしょう? って、出てきたそれはエッグスタンドに立てられたボイルド・エッグと細長くカットされたトースト。見た目には安全そう。これ、正式名は“卵とソールジャー(Eggs with Soldiers)”と呼ばれ、細長くカットされて整列しているトーストが列になった兵隊を連想させるからソールジャーと呼ばれているんですって。朝から食べるものなんだから、もっと和む名前にしたらいいのに……と私ブツブツ。

このソールジャー、エッグスタンドに立てられた卵の上部をスプーンでコツコツたたいて切り取り、 100810_01_04.jpg
この時期は21時半過ぎまで明るく(!)食事は外で
少しスプーンで卵に穴を開け、中に見えてくる半熟卵に塩、こしょうをし、バターがたっぷり塗られたトースト・スティックをディップして食べるんです。ちなみに卵の黄身はかなりゆるめで、旦那いわく卵の茹で時間は4分が最適だとか。濃厚なとろりとした黄身とトーストにたっぷり塗られたバターとの絡みが絶妙でした。

イギリス、美味しいものけっこうあるじゃないですか、ってひとこと余計ですね。美味しい出会いをたくさんいただいた今回のイギリス滞在でした。
ごちそうさまでした。











特集 買ってらっしゃいませ、お客サマー   記:  2010 / 08 / 17

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】グリーン・ナイト

アーサー王の甥・ガウェインは、宮殿…

旅塾

▲このページのトップへ