買ってらっしゃいませ、お客サマー

サウナを楽しむためのお買い物――夢のサウナ目指して修行を積む

フィンランド・ヘルシンキ

fin01.jpg
サウナ美容セットコーナーもございます
「サウナ、どうですか?」
フィンランド人の家を訪ねると、大抵こういうお誘いを受ける。


各家庭、あるいは各アパートには大抵個別サウナあるいは共用サウナが付いている。さすがは、サウナ発祥の国フィンランド。フィンランド人にとってサウナとは?
「ぼーっとするところ」
「嫌なことすべてを汗と一緒に流し、リラックスできる」
「昔は商談の場だったり、政治討論の場だったりしたけれど、今は女性の政治家が多いので、そういうこともなくなったなあ」
サウナについて語るフィンランド人は、うっとり別世界の様相。


fin02.jpg
ほとりに佇む夢のサウナ小屋
温泉の国・日本出身者としては、サウナに親近感を覚える。何事もまずは道具から、ということでホームセンターへサウナグッズを買いに出かけた。サウナに必須の道具は以下の通り。
・ヴィヒタと呼ばれる白樺の葉つき小枝(ただし、これは葉っぱが落ちて汚れるので、共用サウナでは使用禁止になっていることも)
・サウナ用あかすり
・サウナ用パック(女性のみ)
・サウナ用枕とサウナ椅子
・普通のお風呂セット(シャンプーとか石鹸とか)
そして風呂上がりのビールと、なぜかソーセージ(ここ、ソーセージじゃなきゃだめなんだそうだ)。


fin03.jpg
中は……おなじみのサウナですね
すべての道具を抱えて、いざ共同サウナへ(共同サウナなので、ヴィヒタはなし)。温泉の要領でさっと服を脱いだら、まずはシャワーで体の汚れを落とす。そしてサウナへゴー! フィンランド人の理想のサウナ温度は80〜90度前後。温度が下がってきたら、石に水をざっぷりかけて、熱を放出させる。この時、シュワーッと楽しい音がするので、子供たちは水かけが大好きだ。温泉の国の住人も水かけを楽しんでしまおう。熱いのが好きな人は、高い段に座って熱気を楽しむ。一人の世界で瞑想するのもよし。同じアパートの人たちと世間話するのもよし。さっきまでだらだら汗を流しながら一人“哲学”していたフィンランド人が、サウナから出たとたん、携帯電話を取りだす姿もなかなか興味深い(さすがIT大国)。


fin04.jpg
サウナを飛び出せばそこは湖!


共用サウナでは、いろいろとマナーがある。本当は、ルールなしに思いっきりサウナ生活を楽しみたい。フィンランド人にとって最高のサウナは、湖のほとりにあるサウナ小屋だそうだ。サウナでしっかり温まったら、湖に飛び込む!


温泉の国の住人も、フィンランド人の夢のサウナ目指して、自宅サウナで修行を積もう。

 











特集 買ってらっしゃいませ、お客サマー   記:  2011 / 07 / 11

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】インフィニティ・プール

スランプに陥った作家が、リゾート地…

旅塾

▲このページのトップへ