あきることなく買い物三昧

花より"百合根"でニセコ路へ

北海道・真狩村

近年では“東洋のサンモリッツ(スイスのリゾート地)”と呼ばれ、主にオーストラリアからの観光客が激増しているニセコ。サンモリッツの名を出すまでもなく、冬はスキーで有名だが、秋は紅葉の名所。スキーシーズンの前、秋の観光シーズンにも多くの人が訪れる(ちなみに“ニセコ”と呼ばれるエリアは、ニセコ町だけでなく倶知安〔くっちゃん〕町なども含まれる一帯となる)。 091117_01.jpg 091117_02.jpg
ドーンと百合根のかき揚げドーン
さて、我が家も紅葉狩りbyドライブと称してニセコ方面へ車を走らせる。途中、旬の果物が並ぶ直売所が何度も車を止めさせてしまう。たびたび寄り道しつつ、最初の腹ごしらえは真狩(まっかり)村の道の駅へ。

091117_04.jpg
みちすがらのソフトクリーム
はカマンベールチーズ味
真狩村は百合根の生産量も品質もナンバーワンで、全国に出回る百合根の90%以上は北海道産であり、さらにそのほとんどが真狩産。特に関西では高級食材とされる百合根がほとんどこの地にあるといっても過言ではないのだ。
この道の駅の食堂でももちろん百合根を食べることができる。ふんだんに使ったかき揚げのどんぶりである。
揚げられたほっくほくの百合根がホカホカの道産米の上に、これでもかっ!てほどこんもり乗せられている。なんとも贅沢などんぶりだ。こんなに大量のゆり根をいちどに食べたのは初めてだ。
なお、百合根だけでなく、真狩は数々の美食の地でもあり、天然ハーブで育てられた真狩村ハーブ名産豚や、口コミで人気のブーランジェリー(パン屋。〔ブーランジェリー 真狩〕で検索するとわかります)などがある。

気になるものはすべて胃袋に入れ、やっとニセコ入り。壮大なる山々を拝み深呼吸……。 091117_03.jpg
硫黄と湯気が立ちこめる大湯沼
091117_05.jpg
蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山
ニセコにていちばん感動したのは、チセヌプリ近くの大湯沼。熱湯(温泉水)の沼で、水辺(湯辺?)に降り立つと、ものすごい硫黄の香りと、ムクムクとたちこめる湯気。温泉に入らずして、温泉に入ったような癒され感で、気がづけば1時間くらい眺めることとなった。

その後は羊蹄山の麓で、ミルクやらチーズやらの、スイーツをたらふくいただき……半ば予想どおり、花(紅葉)より団子な秋のドライブとなったのであった。











特集 あきることなく買い物三昧   記:  2009 / 11 / 17

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】関心領域

花が咲き誇る広い庭、青く澄み渡る空…

旅塾

▲このページのトップへ