あきることなく買い物三昧

ビックリ仰天! 不思議なペルーの果物たち

ペルー・リマ

先日、リマで恒例のグルメ・イベント「ミストゥラ」に行ってきた。今年のイベントテーマは「ペルーの果物」。世界三大美果のチリモヤ、インカ神話にも登場するルクマ、サボテンの実トゥナ、ビタミンCの王様カムカムなど86種類にもおよぶ果物が出品された。見たことも聞いたこともない果物がずらっと並ぶ様は、それはそれは圧巻だった。

hara001.jpg
まずは会場入り口にあるこのパネルで、
果物の基本情報をお勉強
あれこれ迷ったが、身近で買えるものよりちょっと変わった果物をと、アマゾン産フルーツを扱う店へと向かう。そこで店主のオススメを買ってみたのだが、これがなんとも一筋縄ではいかぬ不思議なものばかりだったのだ。

まずは「茹でるとジャガイモのようになる」という言葉に惹かれて買った、「Pijuayo(もしくはPifuayo/ピファヨ)」から。その味は……まるで半生のサツマイモ。小さな実だからすぐ煮えるだろうと10分ほど火にかけたのだが、まったく茹で足りなかったらしい。ネットで調べてみると、30?40分は茹でるとあった。あの店主が「栗のようなものだ」と言ってくれれば、もっと長時間茹でたのに……でもペルーには栗がないから仕方がない。

次にチャレンジしたのは「Taperiba(タペリバ)」、別名「マンゴー・シルエラ(シルエラ=スモモ)」だ。みかんのような柑橘系の味で、アマゾンではジュースにして飲むことが多い。果実をそのまま食べたことがなかったので、試しに`購入。

hara005.jpg
こちらはアンデスの果物屋さん。
オススメは「Níspero(ビワ)」のコンポート
hara003.jpg
まるで何かの生き物のような、タペリバの種
しかし、中にある種が硬くてどうにも切り分けることができない。そこでアボカドを切る要領で種を中心に軽くねじってみた。すると、種全体から何やら硬い繊維が伸びているではないか。みかんの薄皮のような柔らかいモノではなく、まるで根っこのよう。網目状の繊維が果肉の中にまで入り込んでいるため、どうしても口に残ってしまう。やはり、この果物は漉してジュースにするのが正解だと思った。見た目はスモモ、食感マンゴー、味はみかんで口には繊維という、ある意味お得感たっぷりな果物ではあった。

hara004.jpg
スターアップルとも呼ばれるカイミート。和名は水晶柿だ
さて最後は「Caimito(カイミート)」。私が買ったものは緑色だったが、黄色い品種もあるという。果肉は半透明でつやつや。食感は、完熟柿の種の周囲にあるあのプルンとした部分にそっくりだ。さっぱりとした甘みで、冷やすとそれこそゼリーかわらび餅のようになる。

しかし食後の始末は大変だった。というのもカイミートの果汁は空気に触れると粘性が出るらしく、手はベタベタ、包丁はネトネトになってしまったからだ。割って食べるべきだったかと思ったが後の祭り。果物を切っただけなのに、包丁をゴシゴシと洗うはめになってしまった。

茹でろとか漉せとか切ったらすぐ洗えとか、とにかく「ただでは食べさせないぞ」と言わんばかりの個性的なアマゾンの果物たち。それにひきかえ、日頃目にする果物はなんと従順で食べやすいことか。それでもまたこんなイベントがあったら、今度はもっと変わった果物を買いたいと思っている。まったく私も懲りない性格だ。











特集 あきることなく買い物三昧   記:  2011 / 11 / 28

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ニューノーマル

ソウルを震撼させる連続殺人事件、そ…

旅塾

▲このページのトップへ