冬にそなた、なに買った?

月島へ下町探訪

中央区・月島

100309_02_01.jpg
名物のもんじゃ焼き店
今日は晴海から船が浮かぶ朝潮運河を眺めながら朝潮橋、晴月橋を渡って、下町情緒が色濃く残る月島へやってきた。

月島は埋め立てによって1887年に出来た街だ。東京湾の周辺、三田近辺に「月の岬」という観光名所があったことにちなんでつけられた名前である。
月島は運河の街らしく、芝浦同様に工業地帯でその従業員の住居として発展していった。東京大空襲の被災をまぬがれた長屋には、工場の移転後も船舶従業員や市場の関係者らが居住し、すっかり人情味あふれる街となっていったという。


100309_02_02.jpg
新旧混在する街
1988年に営団地下鉄(現東京メトロ)有楽町線が開通して以後、交通も至便となったことから高層マンションも建ち、今では新旧が調和した街になっている。バックには超近代的なタワーマンション、そして前方には昭和初期のころの長屋が並ぶという面白いロケーションに出くわしてワクワクする。

月島名物の「もんじゃ焼き」はその昔、下町の駄菓子だった。大昔は2軒しかなかったもんじゃ焼きの店。近代開発の末に駄菓子屋などが姿を消すなか、もんじゃ焼き屋は増え続けた。1980年は10軒、有楽町線開通で一気に75軒にまで増えた。メインストリートの西仲通りはとうとう「もんじゃストリート」と呼ばれるまでになった。

100309_02_03.jpg
下町情緒たっぷり
初めてもんじゃ焼きに挑戦した私は、コーンがたっぷりのもんじゃ焼きを注文した。実はお好み焼きだってよく知らないので、目の前の鉄板を見てどうしていいかわからない。店の人に教わって何とか見よう見まねで焼き終わった。意外にあっさり味のところに、好みのソースやら、青のりを散らして食べる。もちろんビールと一緒に食べていると、散策して少し冷えた体も温まってくるようだ。店内はレトロな雰囲気ながら、近代的(?)にもスポーツクラブ帰りの若いグループがドヤドヤ入ってきてあっという間に満席になってしまった。

修学旅行の定番コースにも人気の月島は入っているという。最近はこういう今まで未知の世界であった東京、特に下町探訪が楽しくてしかたがない。
さて、どこに出会いを求めて散策しようかな?











特集 冬にそなた、なに買った?   記:  2010 / 03 / 10

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ストレイ・ドッグ

あのニコール・キッドマンが、美貌を…

旅塾

▲このページのトップへ