BigUp

梅雨空を吹き飛ばせ! ジューンなブライドでQ5!

bigup_20120522banner.jpg


暖かいを通り越していきなり暑くなった気がする5月。妙な気象状態が続きますが、たぶん梅雨は普通にやってくるんでしょうねえ。なんとなくうっとうしい季節の訪れですが、それだけに幸せ気分も倍増なのかもしれません。そうですよ、6月=ジューンなブライド。さあ、ジューンブライドをテーマにQ5!


bigup2012_05_01_prof.jpg

1・NAOKO 高本奈穂子(たかもとなおこ)
ヘアー&メイクアップアーティスト(ブライダルヘアーメイク、L'actuaコスメアドバイザー、雑誌、広告、セミナー、ショーなどのヘアーメイク)。
2・ロマンチストな方が多いかも♪
3・挙式後、披露宴後、私が側にいたことに感謝の言葉をいただいたとき。「高本さんがずっと側にいてくれたので一日中安心でした。高本さんで良かった!」ヘアーやメイクを花嫁と一緒に作り上げていくのも楽しい事のひとつです。喜んでいただけたら最高に嬉しいです。
4・花嫁と一緒にヘアーメイクを作るということ。一緒に考えアイデアを出し合って、その方に似合うその方だけのスタイルを見つけること。例えどんなことでもNOではなく、出来る限りなんとかやってみる! 最善を尽くす。当日は、お二人に尽くす。私も楽しむ。それがこだわりです。
5・ヘアーメイクアップアーティストは「誰のためにメイクするのか」が大切です。ブライダルヘアーメイクに関しては、花嫁の為のものです。花嫁が一生心に残る一日を過ごせるように、誰よりも輝けるように、ヘアーメイクはもちろんですが、周りのことすべてに関して花嫁のお手伝いができるように心がけています。


bigup2012_05_01_01.jpg

bigup2012_05_02_prof.jpg

1・高橋めぐみ(フリーアナウンサー・司会者・ナレーター)。
2・6月の花嫁は日本ではお勧めしない。なぜなら梅雨の時期で披露宴の日は雨になる可能性が高い。なので、雨を連想します。職業柄でしょうか? ヨーロッパでの言い伝えなので日本には当てはまらないと思う。
3・素敵な声で本当に素晴らしい司会で、今日という日が最高の一日になりました。高橋さんに司会をしていただいて本当に良かった。最高の司会でした。との喜びの言葉をいただいたとき。張りつめた緊張から解き放たれる瞬間です。
4・エンターテナーに徹すること。自分のキャラクターを生かした自分らしい司会で、言葉で演じること。女優として司会者を演じ切ること。
5・HAPPYを呼び寄せる笑顔にHAPPYボイス、聞く人を引き付ける司会やおしゃべりは皆様をHAPPYにそして元気にいたします。

bigup2012_05_02_01.jpg  

bigup2012_05_03_prof.jpg

1・松っちゃん(ニックネーム)、ブライダル司会者、42歳
2・そうですねえ......いろいろとあるのですが「幸せな花嫁」を思い浮かべますかね。「幸せな花婿」というよりもやはり「幸せな花嫁」、でしょう。
3・この質問の答えもいろいろと......やはり司会をする側の思い出はすべての披露宴にあるわけですが、後ほどお二人からお礼のお手紙や新婚旅行の写真などが送られてきた事が嬉しかったです。
4・司会者は様々なみなさんのお手伝いをするわけですが、当事者にとっての披露宴は一度きり。なにはなくてもお二人がイメージした披露宴を創りあげる事、それががこだわりです。
5・アピールですか、それでは......「声がデカイ!! 顔もデカイ!! 感動もデカイ!! 会場が揺れる!!」みなさんお気軽にお声掛けください。


bigup2012_05_03_01.jpg

bigup2012_05_04_prof.jpg

1・瀬戸口 友来(フリーランスウエディングプランナー&司会者)。下の名前はすぐ読める方が少ないですが『友』が『来』るで「ゆうき」と読みます。まるで友達のように近いスタンスで新郎新婦とパーティをつくりたいと独立。現在、34歳。おふたりの『らしさ』を映すパーティをつくるため最高のチームでサポートします!
2・ジューンブライドと言えば、やっぱり仕事柄「結婚式」。ジューンブライドって6月の花嫁って意味ですよね。本来の意味はジューンって名前の神様のお嫁さんが結婚式の守護神だから、6月の花嫁は守護神に護られ幸せになるっていう意味なんですよ。そう考えるとジューンブライドから思い浮かべるのは……ウンチク……、かな? ちなみにちょっとしたブライダルウンチク……新郎の持っているグローブ。これは西洋の騎士の持つ剣が起源。だから入場退場のときは手に持っているけど、登場した後は騎士が剣を鞘に納めるように内ポケットに納めるんですよ。かっこいいナイトになれるように世の男性諸君、グローブをうまく扱おう(笑)。
3・幸せのお手伝いをする仕事なので、パーティごとに本当に楽しいんですが、特に嬉しいのは、パーティ後に行なう新郎新婦とのお疲れ様会♪ パーティまでに本当の友達になる! というのを勝手な目標にしているので、仲良くなった新郎新婦と飲みに行ったり食事に行くこともしばしば。その時に、「パーティの後にたくさんのパーティに参加したけど、やっぱり自分たちのパーティがいちばん! 瀬戸口さんと出会えてよかった!」って言われたときは、感動して泣きました(笑)。
4・仕事でのこだわりは、『友達のようなスタンスになれるコミュニケーション』、『結婚式の楽しさを知ってもらう』、『一緒に楽しむ』です。結婚式にまつわる言葉で「マリッジブルー」って言葉がありますよね。結婚式ってわからないことや不安がいっぱい。それを本当に近い位置にいることができれば相談できるはず。一緒に悩んで、一緒に最高のパーティに向けて歩めるように、とにかくコミュニケーションを大切にしています。そして、結婚式のプロだからわかる結婚式の魅力や、提案などもあります。結婚式について新しい角度で見ることができれば、きっともっと結婚式を楽しめるはず! そんな素敵な結婚式をおふたりやゲストと一緒になり、スタッフにいたるまで一緒に楽しめるパーティ! この一体感を感じて頂ければ「結婚式がやみつき!」になるはずです♪
5・フリーランス ウエディングプランナー 瀬戸口 友来(せとぐち ゆうき)
おふたりが“本当にしたい結婚式”とは?
結婚式は会場選びではなく夢を叶えるもの
“ふたりらしい”結婚のカタチを叶えるために
いちばん近くで本気で相談できるプランナー
私はそうありたいと考えます
◆ウエディングトータルコーディネート(ウエディングプランナー)
◆ブライダル司会者
090-9397-7280
http://f-stage.co.jp/planner/setoguchi.html


bigup2012_05_04_01.jpg

bigup2012_05_05_prof.jpg

1・村瀬 弘行(トータルブライダルプロデュース)
2・「ジューンブライド」と言われると、神前式などより「チャペル式」が思い浮かびますね。あとは角松敏生さんの名曲『June Bride』ですかね。
3・当然のことかもしれませんが、お取引先様の希望の商品が提供できた時が嬉しかったです。
4・お二人の門出となる出来事なのですから、様々なご要望に小回りをきかせて応える、これがいちばんのこだわりです。
5・教会式から披露宴演出、プチギフトや引き出物、ペーパーアイテムまで、結婚式やイベントに必要なものは何でもご相談ください。ブライダルの総合商社を目指して、 クオリティーの高い商品をご用意! お客様に満足できる価格でご提供致します。


bigup2012_05_05_01.jpg
ナンバー2はコチラ













読み物 BigUp   記:  2012 / 05 / 22

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

なぜ人類ではなく、猿がこの惑…

旅塾

▲このページのトップへ