旅ゆけば博打メシ

in蒲郡 祝・リニューアル! ボリューミー食を食い尽くす旅

2014 / 06 / 06

5月24日 愛知県蒲郡市 ボートレース蒲郡

4月26日、ボートレース蒲郡がリニューアルオープンした。旧スタンドのすべてを解体して、モダンな真新しいスタンドに建て替えたもので、そりゃまあ、どえらく綺麗なスタンドへと生まれ変わったわけである。

かつての蒲郡は、グルメ天国というわけでは決してなかったものの、名物グルメがそれなりにあった。ひとつはきしめん。東海道新幹線名古屋駅のホームにあるきしめんも時折食べたくなる定番グルメだが、個人的には蒲郡のほうが美味かったと思う。もうひとつは回転寿司。ボートレース場ではもちろん唯一の存在で、これがまたそこいらの回転寿司にまったく負けていない逸品であった。取材の合間にも軽くつまむことができるので、仕事で訪れた場合でも実に重宝したものである。

今回のリニューアルを機に、それらの美味しバクチメシは姿を消し、グルメ関連は完全に一新された。フードコートも設けられ、4店ほどが軒を並べて、ニュー蒲郡の食事情のど真ん中に鎮座している。というわけで、予想会イベントに呼ばれた際にもろもろ味わってみたという次第。一日で食い尽くせるとは思えないので、その前にプライベートでも訪れて、あれこれ試してみたのである。

まず、「寿がきや」。愛知県民のソウルフードとでも言うべきラーメン屋が、フードコートに出店した。地元ファンにとっては、お馴染みの味である。大々的にアピールされているのは「赤ラーメン」と「白ラーメン」で、それぞれ「こってりしたとんこつ」と「あっさりしたとんこつ」だそうである。腹が減っていたので、こってりの赤ラーメンを選択。スープの色は、まあ、赤といえば赤である。味は、まあまあ普通に美味い、という感じ。こってりというけれども、それほどしつこくもなく、巷にはさらにゴッテリとしたラーメンはいくらでもあるだろう。

20140606pic1.jpg
リニューアルしたボートレース蒲郡に寿がきやが登場。
こちら、こってりてんこつ「赤ラーメン」
寿がきやの隣には「まる勝カレー」がある。舟券勝負の合間に手早く食べるなら、ラーメンよりカレーか。というわけで、ゲン担ぎの意味も込めて、カツカレーを注文。そしたら、トンカツは注文してから揚げるようで、「手早く」の概念は捨て去らねばならなかった。ただし、トンカツは揚げたてのほうが美味いのは当然のこと。カレーはまさしく普通に美味いという感じだが、カツはサクサクでなかなかの美味なのであった。

20140606pic2.jpg
縁起のいい屋号・まる勝カレーで、これまた縁起のいい「カツカレー」を。
時間はもらっても揚げたてのカツは嬉しいですね
で、オープン以来、このフードコートの名物となっているらしいのが、「牧原漁港食堂」の海鮮かき揚げ丼である。写真でそのボリュームがおわかりいただけるだろうか。かき揚げの厚さが尋常ではないのである。これは僕が食ったのではなく、ライバル誌『マクール』のヤマケイ編集長なのだが、食いっぷりを眺めていたら、ご飯に辿り着くまで相当の時間を要していた。これがたったの500円! ワンコインなのだ。その安さとボリュームが、地元のテレビでも紹介されたという。ただ、正直に言うと、40代半ばのオッサンにこの量は、ちょっとキツいかな。ま、ヤマケイ編集長は僕より年寄りなのに、これを完食したばかりか、同時に生しらす丼も食い切って平然としていたのだが。大食漢を自負する方は、ぜひチャレンジしてみていただきたい。

あと、レストラン「ピンラッシュ」ではみそカツ丼を食した。このレストランのメニューは定番ものばかりなのだが、唯一地元色を感じさせたのがコレ。味は、まあ普通に美味いという感じで、個人的には味噌の甘味がもう少し抑えめのほうが好みではある。

20140606pic3.jpg
ライバル誌『マクール』のヤマケイ編集長が食べていた「海鮮かき揚げ丼」。
右には「生しらす丼」も見えますが、この方はホンモノの大食漢です
蒲郡の新グルメは、それぞれに力が入っており、好感がもてた。とはいえ、やっぱりきしめんと回転寿司がなくなったのは寂しいなあ。復活があれば、ぜひ馳せ参じたいものである。

蒲郡遠征時の宿泊は豊橋。この街が現在、ばりばりに力を入れているご当地B級グルメが「豊橋カレーうどん」である。文字通りのカレーうどんだが、丼の底にとろろがかけられたご飯が盛られており、うどんを食べ進めていくと最後はカレーライスも楽しめるというお得感が嬉しいグルメである。豊橋市内の数多くのそば屋などで供されているが、何軒か食べ歩いてのお気に入りは「まつや」というそば屋である。東京神田にある名店と関係あるんだろうか?

ここは、夜は酒が飲めるのも嬉しい。今回は「月不見(つきみず)の池 2nd吟醸」なるプレミアム日本酒を呑んだ。これが「スペック未公表」という趣向の酒で、辛口で日本酒感のある、酒好きにはたまらない銘酒であった。締めにはもちろん、豊橋カレーうどん。心も腹も満たされた初夏の夜、なのでありました。

20140606pic4.jpg
豊橋の街推しである「豊橋カレーうどん」。蕎麦のまつやでいただきました。
カレーの下にはうどんだけでなく、とろろごはんまで!


※次回は7月4日に公開です。文中には登場しませんでしたが5月末に行なわれた福岡・SGボートレースオールスター(笹川賞)の模様は6月11日発売の『BOATBoy』にて。現場からのほぼリアルタイム更新『BOAT RACE ビッグレース現場レポート』は浜名湖・SGグランドチャンピオンの模様を前検日6月23日から最終日29日までお送りします。
そうそう、ご本人さま登場のインタビュー、もう半年も経ちました「賞金女王展望」と「賞金王展望」もまだまだ楽しめます!











エンタメ 旅ゆけば博打メシ   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
メッセージ

ある日、世界各地に出現した巨大な宇宙船…

旅塾

▲このページのトップへ