インタビュー/記者会見

誰も見たことのないバイオレンスがここにある!!
長編映画初主演の田中要次、斎藤工の人気に便乗!?
炎上覚悟の『蠱毒こどく ミートボールマシン』日本公開!

kodoku1708_001.jpg ▲(前列)西村喜廣監督
(2列目左より)矢部太郎、若林美保、百合沙、屋敷紘子、石川ゆうや
(後列左より)島津健太郎、芦原健介、川瀬陽太、田中要次、三元雅芸、栄島智
以上、総勢11名!!

8月19日(土)より新宿武蔵野館ほか順次公開となる映画『蠱毒こどく ミートボールマシン』。本作は、独特な世界観かつ究極の過激描写で描かれ、数々の海外映画祭が絶賛、同時に観客たちの脳天を打ち抜いた伝説のバイオレンス・スプラッター『MEATBALL MACHINE ミートボールマシン』(05/山本淳一監督、山口雄大監督)をモチーフに新たに製作された作品だ。孤独でしがない中年男が、最強の戦士ネクロボーグと化し、密かに想いを寄せる女性を守るために、謎の生物に操られたヒトとマシンの複合体“ネクロボーグ”との戦いの渦に飛び込んで死闘を繰り広げていくというバイオレンスムービー。

最強の戦士ネクロボーグと化した孤独な中年男性の死闘を描くバイオレンスムービー『蠱毒(こどく)ミートボールマシン』が8月19日(土)に公開初日を迎え、都内新宿区の新宿武蔵野館で主演の田中要次、共演の百合沙、川瀬陽太、三元雅芸、屋敷紘子、栄島智、矢部太郎、若林美保、芦原健介、石川ゆうや、島津健太郎、そして西村喜廣監督による舞台挨拶が行われた。

長いキャリアの中で本作が映画初主演となった田中は「映画の舞台挨拶でセンターに立つのは初めて。真ん中に立って何をしゃべるべきなのか、心臓がバクバク。普段は舞台の横で茶化すくらいで終われていたので、映画を背負わなければいけないので言葉に迷う」と普段とは違う座長の状況に戸惑い。

kodoku170804_003.jpg 人気俳優の斎藤工が出演していることから、西村監督から「みんなで工の話をしよう!」と水を向けられると田中は「そういう方の名前が話題に出ればネットニュースで引っかかる!」と人気に便乗しようと笑わせるも「低予算映画だけれど、蓋を開けたら40の海外映画祭に招かれた。ブリュッセルもプチョンも大盛況。とにかく西村監督が人気。あとは本国でどれだけの反響を得ることが出来るか。映画レビューサイトが頼りです。ロングランヒットを祈ります」と期待を込めた。

ヒロイン役の百合沙は「海外の映画祭に招待されて、プチョンに行きました。そこでいい反響をもらえた」と手応え十分。撮影を「寒かった」と振り返ると、すかさず西村監督から「だって脱いでいるもんね!これからみんなに乳首が見られるんだよ!」とツッコまれると「確かに脱いでますけど…。乳首はいい色だったと記事に書いておいてください!あ〜これからの女優人生が〜」と苦悩しつつも、マスコミにアピールした。

登壇時になぜか一般客に紛れて客席に潜んでいた西村監督は「今年40箇所くらいの映画祭を回っています。最終的には50箇所くらいになると思う」と海外の高リアクションを報告しながら、登壇キャストに「毎日チケットをソールドアウトさせたいので、君たちが毎日劇場にいるとかさ。特に真ん中のハゲ!ちょくちょく劇場に来てほしい」と田中やキャスト陣へ連日劇場待機を要求。それに対して、劇場に置かれている本作関連の展示品を盗んで話題作りすると名乗りを上げた矢部は「明日の夜は暇なので、僕が明日の当番をします!」と宣言して場を盛り上げた。

最後に西村監督は「今日の上映後も僕たちはいますので、というか上映中に僕はスクリーンの横にいようかな」とノリノリになりながら「面白かったらもう一回観に来てください。最初の20分くらいはつまらない。だって田中要次って人が演技しているだけだから!そこからすごいスピードで最後まで行きます。僕が監督した『東京残酷警察』の次に転機となった、僕にとってのメモリアルのような作品です」と強烈にアピールした。


【関連記事】
田中要次に独占インタビュー!!
予告編第二弾解禁!! 西村映画に海外が喝采!
シネマピア/蠱毒 ミートボールマシン


【蠱毒(こどく)とは】
犬を使用した呪術である犬神、猫を使用した呪術である猫鬼などと並ぶ、動物を使った呪術の一種である。「器の中に多数の虫を入れて互いに食い合わせ、最後に生き残った最も生命力の強い一匹を用いて呪いをする」という術式が知られる。

kodoku170609.jpg


出演:
田中要次 百合沙 鳥居みゆき 川瀬陽太 村杉蝉之介 三元雅芸 しいなえいひ 斎藤工
監督:西村喜廣
脚本:佐藤佐吉 西村喜廣
製作:坂本敏明
プロデューサー:山口幸彦 楠智晴
撮影:鈴木啓造
照明:太田博
美術:佐々木記貴
録音:西條博介
衣裳:中村絢
ヘアメイク:征矢杏子
VFXスーパーバイザー:鹿角剛
特殊造型:下畑和秀 奥山友太
アクション監督:坂口茉琴
音楽:中川孝
編集:西村喜廣
キャスティング:安生泰子
助監督:片島章三
制作担当:真山俊作
配給:アークエンタテインメント
製作:キングレコード
制作プロダクション:アークエンタテインメント
公開:8月19日(土)より 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

© 2017キングレコード
 














エンタメ インタビュー/記者会見   記:  2017 / 08 / 21

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
パラサイト 半地下の家族

半地下に住む貧しい一家がパラサイト(…

旅塾

▲このページのトップへ