シネマピア

2017年   2016年   2015年   2014年   2013年   2012年   2011年   2010年   2009年   2008年   2007年   2006年  

I am 日本人-忘れかけていた大和魂-

2006 / 07 / 23

なかなか、自分自身のことは自分ではわからないものだ。当たり前だと思っていたことが、他の人からみたら奇妙なことだったりすることはよくある。大きな鏡がなければ全身が見えないように、外側から自分の姿を客観的…

神の左手 悪魔の右手

2006 / 07 / 17

主演の渋谷飛鳥のバースデーイベントでケーキをプレゼントした楳図だが、トレードマークの“グワシ”を手に、かけ声も「おめでとうグワシま〜す!」と底抜けに明るい。イベント中のトークで…

ハチミツとクローバー

2006 / 07 / 16

『ハチミツとクローバー』、略して『ハチクロ』。コミックから端を発した大人気作品の快進撃は、テレビアニメに、そして実写映画にと、とどまるところを知らない。 「自分の好きな人が自分のことを一番好きになって…

ローズ・イン・タイドランド

2006 / 06 / 29

ギリアム版『不思議の国のアリス』が誕生---。映画界の鬼才、テリー・ギリアム監督の新作である。前作の『ブラザーズ・グリム』、そして今回は『不思議の国のアリス』がモチーフということは、大人も子どもも皆…

ブレイブ・ストーリー

2006 / 06 / 26

大粒の涙が、何度頬を伝っただろう。なめてかかっていた。子どもが主人公のアニメだし、RPG仕立てらしいし、軽い作品なのだろう、と。 予想は見事に裏切られた。状況設定がいちいち現実的すぎる。主人公は11歳…

サイレントヒル

2006 / 06 / 25

ジャパニーズ・ホラーが、今度はゲームの世界から快進撃だ。本作は日本のゲームメーカー、コナミの大ヒットゲームの映画化作品である。 全世界で530万本以上を売り上げたこのゲームの映画化権には、ハリウ…

M:i:III

2006 / 06 / 19

通常、マスコミ試写というのは開演の30分前に会場入りすれば、余裕綽々で好きな席に座ることができる。だが、本作は事前に映画会社から案内を受けた。30分前でも満席になる可能性があるので、もっと前に来て欲し…

幸せのポートレート

2006 / 06 / 18

「その結婚、あなたを輝かせてくれますか?」「その“理想”、捨てる勇気ありますか? 幸せ探しをする全ての女性たちへ贈る、この夏一番の感動作」---とのコピーには、思わず反応せず…

日本沈没

2006 / 06 / 16

33年前、日本映画史に残る大ヒットを記録したパニック映画、『日本沈没』。小松左京原作によるこの作品が、現代に甦った。 どんなジャンルの映画でも、肝心なのは“いかに人間を描くか&rdquo…

ハイジ

2006 / 06 / 16

多くの日本人の心を魅了してやまない不朽の名作アニメーション、『アルプスの少女ハイジ』。「教えて〜、おじいさん〜」の歌や、「クララが立った!」の台詞で親しまれたあの感動作が、本作をもって実写版となった…

タイヨウのうた

2006 / 06 / 12

映画の興行成績を決める重要な役割のひとつに、“プロモーター”という存在がある。文字通り、プロモーション=宣伝を行う人たちである。この映画『タイヨウのうた』では、ひと味ちがったプ…

「2番目のキス」(原題:FEVER PITCH)

2006 / 06 / 11

「バカ」という形容詞は、単語の前に付くか後ろに付くかで、意味が逆になる面白い言葉である。 例えば「親バカ」といえば、少々の肯定を含むニュアンスがあるが、「バカ親」というと、どーしようもない親のことを…

オーメン

2006 / 06 / 06

ホラーとコメディが同義語になって久しい。…と言っても私の中だけの話しだと思っていたのだが、どうやらそうではないらしい。ホラー大作『オーメン』完全復刻版のマスコミ試写会で、高らかな笑い声が…

嫌われ松子の一生

2006 / 05 / 23

読んでから見るか、見てから読むか 小説の映画化は数々あれど、「あそこが違う。ここが変」とつい重箱のすみをつつきたくなります。ここで紹介するのは、重箱のすみが気にならない作品限定。あくまでも記者の目…

間宮兄弟

2006 / 05 / 11

子ども時代はともかく、おとなになってもなかよしの兄弟というのは、あまり聞いたことがない。ひとつ屋根の下に住んでいても、ほとんど会話しない兄弟だってめずらしくない。「友人は選べるけれど兄弟は選べない…

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

なぜ人類ではなく、猿がこの惑…

旅塾

▲このページのトップへ