シネマピア

2017年   2016年   2015年   2014年   2013年   2012年   2011年   2010年   2009年   2008年   2007年   2006年  

月光ノ仮面

2011 / 12 / 28

古典落語「粗忽長屋」を骨子に据え、月の魔力に惑わされた人々の悲喜を絡めて作り出されたシュールな板尾ワールド。モントリオール映画祭への出品も果たした一癖も二癖もある本作だが、果たして本国日本ではどう評価…

デビルズ・ダブル―ある影武者の物語―

2011 / 12 / 26

イラクの独裁者サダム・フセインの息子、ウダイ・フセイン。家族の命と引き換えにウダイの影武者を引き受けた男の実話を、『マンマ・ミーア! 』のドミニク・クーパーが1人2役で怪演した本作。目を覆わずにはい…

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

2011 / 12 / 15

緻密に計算しつくされた計画のもと、様々なハイテク小道具を使いこなし、困難なミッションを遂げる本シリーズ。だが、本作はそんな今までのシリーズとは設定が異なる。イーサン(トム・クルーズ)は組織という後ろ盾…

サラの鍵

2011 / 12 / 13

第23回東京国際映画祭監督賞、観客賞をダブル受賞した本作。原作は、ノーベル平和賞を受賞した中国人作家・ 劉暁波氏も獄中で読んだ本として話題となった、全世界300万部突破のベストセラー小説。自らもドイツ…

パーフェクト・センス

2011 / 12 / 09

嗅覚、味覚、聴覚、視覚、そして……五感が次々と消えていく奇病が全人類を襲うなか、出会い、愛し合う二人の男女。ユアン・マクレガー主演の本作は、単なる疫病ものの終末パニック映画…

ルルドの泉で

2011 / 12 / 06

たとえ現代医学では治せないと宣告された病気であっても、その水を浴びるやいなや治ってしまうという言い伝えの「ルルドの泉」。その癒しの奇跡を求め、今や一大観光地となってしまったこの地での奇跡、そしてそれに…

テイカーズ

2011 / 11 / 21

最近のアクション映画は男臭さよりもスタイリッシュな作品に人気があるようだ。今作品は映画界にとどまらず、音楽界からも大物アーティストが出演。アメリカではアクション映画にもかかわらず、女性観客が半数を超…

ピザボーイ 史上最凶のご注文

2011 / 11 / 17

『ソーシャル・ネットワーク 』でアタマの切れるマシンガントークを披露したジェシー・アイゼンバーグが、今度は銀行強盗を“させられる”羽目になったピザ配達人となって奮闘する様を描い…

アントキノイノチ

2011 / 11 / 15

『余命1ヶ月の花嫁 』、『Life天国で君に逢えたら 』などで、“命”というテーマと向かいあい続けてきた製作チームが次回作として選んだのは、『アントキノイノチ 』(さだまさし…

恋の罪

2011 / 11 / 11

日本で鬼才と言えばこの人しかいない、園子音監督。90年代の渋谷ラブホテル街で起きた実際の事件にインスパイアされて創りあげた、三人の女たちの愛憎と倒錯と狂気の渦巻く世界が本作。『冷たい熱帯魚』で世界中の…

コンテイジョン

2011 / 11 / 10

治療法のないウイルスが蔓延し、逃げ惑う人類を追ういわゆるパンデミックもの。幾多の監督がそれを手掛け、様々な角度から描き続けてやまないこの不滅とも言えるテーマを、知的なアプローチで定評のある、そしてアカ…

サラリーマンNEO 劇場版(笑)

2011 / 11 / 02

天下のNHKらしからぬキレと毒とで、世のサラリーマン諸氏のハートを人知れず鷲掴みにしてきた異色コント番組が、その人気を見越してかはたまた大勝負に出たか血迷ったか、堂々の劇場版を仕掛けてきた。小池徹平、…

ミッション:8ミニッツ

2011 / 10 / 27

死ぬ前の8分間の記憶の中に潜り込み、犯人を捜し出す……。話題作といえばリメイクやヒットした原作頼りばかりでオリジナルなアイデアがないと叫ばれていたネタ切れのハリ…

モンスター上司

2011 / 10 / 26

誰でも、無能だったり理不尽な扱いをしてきたりする上司に腹が立ったことはあるだろう。大抵の場合は我慢してその場に留まるか、さもなくば辞めるかの二択しかないわけだが、禁断の三択目......「復讐」を思い…

ウィンターズ・ボーン

2011 / 10 / 25

わずか17歳で一家の大黒柱の役を担っているひとりの少女。そこがアメリカであることすら忘れてしまうほどの寂れた山奥で、幼い弟と妹、そして心を病んだ母親を守りながら生き抜くその姿は、各国の映画賞46部門…

1 2 3 4 5 6 次へ>

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
愚行録

一年前の一家惨殺事件、真相を探る週刊誌…

旅塾

▲このページのトップへ