ikkieの音楽総研

第254回 洋楽編 RANDY RHOADS―― 今なお色褪せぬその才能......伝説のギタリスト、ランディ・ローズ

2020 / 02 / 18

randy rhoads.jpg 先月、オジー・オズボーンがパーキンソン病に罹患していることを公表しました。18年にMR.BIGパット・トーピーがパーキンソン病で亡くなっているし、まさかオジーまで……と、ショックを受けています。近年、体調不良でのツアーのキャンセルなどがあったから心配していたんだけど、パーキンソン病の影響もあったんだろうか……。ただ、今月の21日にはニューアルバムも発売されるし、オジーは突然変異の遺伝子を持っているために、アルコールやドラッグの乱用からも生きながらえているという研究結果も出ているというから、まだまだこれからも活躍してくれるはず! また元気な姿を生で観られるよう、心から祈っています。さて、今回の音楽総研はオジーのソロキャリアスタートの立役者、ランディ・ローズをご紹介! ランディのことは何回も書いているのに、ランディだけを取り上げるのは今回が初めてでした。意外!

ランディ・ローズはロサンゼルス出身のアメリカ人ギタリスト。78年にQUIET RIOT で日本のみでデビューし、80年に発表したオジー・オズボーンのファーストソロアルバム でその名を世界に知られることになりました。クラシックを取り入れた構築美あふれるランディのプレイスタイルは、BLACK SABBATHのシンガーだったオジーの怪奇趣味的な世界観をさらに押し進め、オジーのソロキャリアの成功に大いに貢献。しかし、セカンドアルバム のツアー中だった82年、小型飛行機の事故により、25歳の若さで亡くなってしまう……。

俺がランディのことを知ったのはランディが亡くなったあとで、リアルタイムではランディのことを知らなかったんだよね。オジーのバンドにはランディの後任としてジェイク・E・リーが加入していて、ギター雑誌なんかで前任のランディの存在を知りました。実は、最初に聴いたときの印象はそれほど良いものではなくて……。というのも、ランディ時代の曲はジェイクが弾くライヴバージョン をすでに聴いていて、そちらに馴染んでいたせいもあってか、ランディが弾くオリジナルバージョンは、時代の違いもあってちょっと古く感じちゃってね。ライヴバージョンに比べて音が軽い感じもしたし。それでも、ギターソロになるとまったく古さは感じないし、やっぱりカッコいいかも……、なんて思っていたところに発表されたランディ時代のライヴアルバム が凄かった!

『Crazy Train』
ランディの死後に発表されたライヴアルバムからのクリップ。ランディが存命だったころはまだMTVもなく、PVなどは作られていなかったため、動くランディを初めて観たのはこのビデオ、という人も多かったのでは。。

 

レコード(当時はレコードでした)のオリジナルバージョンよりもヘヴィだし、丁寧に弾くような印象があったランディのギターが、思っていたよりワイルドでね。クラシカルだって言われているけど、もの凄くロックじゃん! と、驚いてしまった。それに加えて、ランディのギターはメロディアスで、実にエモーショナル。それからあらためてじっくりとオリジナルを聴いてみると、そちらはそちらでレコーディングならではの考え抜かれたアレンジが施されていて、その辺のロックギタリストとは違う才能をひしひしと感じた。それ以降、ずっとランディのファンです。

先に書いたように、ランディはクラシックを取り入れたスタイルが特徴的で、オジーのバンドでツアーをしながらも、常にクラシックギターの練習を続け、時間を見つけてはレッスンを受けていたという。ギターや音楽のあれこれがわかるようになった今の俺の耳で聴いてみると、ランディのスタイルは言われているほどクラシック・クラシックしたものではないと思うけど、きちんと音楽を学んだ人ならではのプレイだと思う。"音楽的"なんだよね。ランディがその伝統を作ったのか、後任のジェイクやザック・ワイルドにしても、実はクラシックやジャズを本格的に学んでいたりするし、破天荒なオジーが縦横無尽に暴れるには、作曲パートナーとしてそういったギタリストが必要なのかもしれない。

『Mr. Crowley』
ロック史上に残る名曲、名演! 長らく海賊盤として出回っていたテレビ出演時の映像がオジーのオフィシャルチャンネルで公開! こんなにきれいな画質で観られるなんて……YouTube凄い。

 

ランディは、反対していたというBLACK SABBATHの楽曲のみでのライヴアルバムと、オリジナルアルバムとそれに伴うツアーを一回やったのち、バンドを脱退して学校に戻り、クラシックギタリストとして修士号を取ると宣言していたという。しかし、それは実現せず、飛行機事故によって亡くなってしまう。当時のベーシストだったルディ・サーゾによると、あの事故は飛行機の運転免許を持っていたツアーバスの運転手による無理心中に、ランディが巻き込まれてしまったのだという。ルディの自伝 に当日の様子が書かれているけど、ルディの衝撃と悲しみがすごく伝わってくるし、ランディファンとしても、なかなか読み進められない。ランディはこれからの前途洋々な未来に大きな希望を抱いていたはずで……、なんでそんなことが起こってしまったのか……。

『I Don't Know』
こちらも同じテレビ出演時のもの。リズム隊はこれ以降WHITESNAKEなどでもコンビを組む、トミー・アルドリッジとルディ・サーゾ。

 

ランディが亡くなって、今年でもう38年。ランディが遺した音楽は今でも世界中で愛されていて、若い世代にも伝わっている。ランディが今も健在だったならどんな音楽を創っていたか......考えても詮の無いことかもしれないけど、クラシックであれ、ロックであれ、世界中を魅了する素晴らしい音楽だったはず。偉大な音楽家でした。


※ikkieがなんと「出張ギター教室」を始めてしまいました!
とにかくここから  アクセス! 動画もあるよん。
http://dokodemoguitar.com/ 













エンタメ ikkieの音楽総研   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画情報】エスケープ・ルーム

これはお遊びのエンターテインメン…

旅塾

▲このページのトップへ