トップページ > ニュース

ニュース

超絶入魂!時代劇画の神
平田弘史に刮目せよ!
※招待券(5組10名様)プレゼント!!
※高畠華宵常設ルーム、竹久夢二美術館(TEL:03-5689-0462)
「竹久夢二の春夏秋冬展」も併せてご覧いただけます。

hirata1701_005.jpg 武家社会の底辺で蠢(うごめ)く、虐げられた人間の悲哀と魂のあえぎ、
武士道精神を貫いた孤高の男たちの凄絶な生き様……。
徹底した時代考証を重ね、自身の体験を血肉化した劇作家・平田弘史は、
名もなき下級武士と一体となり、
理不尽な格差社会への怒りと悲しみ、そして抵抗を、
鬼気迫るずば抜けた画力をもって表現しました。
その壮絶なシーンから『血だるま剣法』は発禁処分に。
生誕80年と画業60年を記念した、初の本格的展覧会となる今回は、
代表作『弓道士魂』『薩摩義士伝』などを中心に
初公開原画を含む約300点によって、平田劇画の真髄に迫ります!

開催中!!
前期:1/3(火)ー2/12(日) 後期:2/14(火)ー3/26(日)
※一部作品の展示替えを行います。

月曜休館 *ただし1/9、3/20は開館、1/10、3/21は休館
開館時間 10:00-17:00(入館は16:30まで)
入館料  一般900円/大高生800円/中小生400円


★平田弘史先生サイン会
平田弘史先生が弥生美術館に参上!
先生に会えるチャンスです!
3/11(土)午後より 
先着順 ※詳細は1月中旬頃にHPで告知。

★大友克洋×寺田克也 スペシャルトークショウ
大の平田弘史ファンである漫画家の大友克洋先生とイラストレーターの寺田克也先生 にお越しいただき、平田作品・平田先生の魅力について楽しくお話していただきます。
3/4(土)17:30ー(約1時間)
事前申込・有料(2000円/入館料含む)・2/12(日)13:00より、申込専用メールアド レスにて申込受付開始いたします。先着順。申込専用アドレスは、当日13:00に告知い たします。

★学芸員によるギャラリートーク
1/15(日)・2/12(日)・3/19(日)
いずれも14:00-(約45分)申込不要 無料(要入館料)
※平田弘史先生はご参加されませんので、ご注意ください。

★招待券(5組10名/有効期限2017年3月26日)プレゼント!!
応募締め切り:2017年1月15日
郵便番号、住所、氏名を明記の上、『平田弘史に刮目せよ!』招待券希望と明記の上、こちらのアドレスへメールください。info@asobist.com
当選者の発表は招待券の発送をもって代えさせていただきます。

hirata1701_001.jpg 平田弘史(ひらた・ひろし)プロフィール
1937年2月9日、東京都板橋区生まれ。本名・弘。
1958年、一晩で処女作「愛憎必殺剣」を描き上げ、デビュー。以後独学で修練し、貸本短編誌『魔像』を中心に作品を発表する。劇画ブームのさなか、瞬く間に時代劇画の第一人者となり、『コミックMagazine』『週刊少年キング』『増刊ヤングコミック』『漫画ゴラク』『週刊ヤングマガジン』『アフタヌーン』等の雑誌で活躍。一方で、力強い毛筆による書も高く評価されており、大友克洋「AKIRA」の題字など数多く手掛けている。
2013年、第42回日本漫画家協会賞文部科学大臣賞を受賞。


▼昭和30年代 貸本漫画時代の作品・初期の作品

hirata1701_002.jpg ▼『弓道士魂』第2回原画(部分)/『週刊少年キング』/1969年12月1日号
▼『薩摩義士伝』第20回扉絵原画/『増刊ヤングコミック』1979年2月20日号
▼『お父さん物語』原画/『週刊ヤングマガジン』1990年5月29日号


hirata1701_003.jpg

◆弥生美術館
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-2 TEL:03(3812)0012

<アクセス>
東京メトロ千代田線根津駅1番出口・南北線東大前駅1番出口より徒歩7分
JR上野駅公園口・しのばず口より徒歩20分
※駐車場なし


hirata1701_004.jpg ©平田弘史











記:  2017 / 01 / 04

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
愚行録

一年前の一家惨殺事件、真相を探る週刊誌…

旅塾

▲このページのトップへ