勝手に読書録

動機
記:  2007 / 04 / 23

短編4本。うち1作目の表題「動機」を総タイトルに編まれていることに納得する。 人心…

エチオピアからの手紙
記:  2007 / 04 / 23

フレッシュ&ジューシー。チャーミング&キュート。そして、切なくて温かい。などいって…

先導者・赤い雪崩
記:  2007 / 04 / 16

「山岳小説」とくくられるのを著者は必ずしもよしとはしていなかったというが、「山岳小…

クライマーズ・ハイ
記:  2007 / 04 / 16

いやいや、面白い!! 異様にヘビーな主題が、しかも複数折り重ねられる。その一つ一つ…

孤高の人 上下
記:  2007 / 04 / 05

「解説」を読むまでもなく、実在の人物がモデルであろうことは、作品を読み出せばすぐに…

銀嶺の人
記:  2007 / 03 / 21

紛れもない「山女」の話である。岩壁を自在に駆け、銀嶺にスクッと立つ美しい雌カモシカ…

栄光の岩壁
記:  2007 / 03 / 09

「山岳小説」であり「冒険小説」「青春小説」であり、ちょびっと恋愛小説かな? なんと…

氷壁
記:  2007 / 03 / 05

厳冬の北アルプス北穂高、前穂高、奥穂高岳登攀の描写は著者もまた相当の「山屋」という…

心にナイフをしのばせて
記:  2007 / 03 / 05

事故でもなく疾病でもない。いわれなき犯罪によって肉親を失った家族のグリーフワークは…

富士山頂
記:  2007 / 02 / 18

表題から想像してかかると肩すかしを食らう。富士登山の話ではない。富士山頂に「測候レ…

縦走路
記:  2007 / 02 / 12

誰がメインキャストで、何のお話なのか?惑わされてはいけません。あくまでも表題「縦走…

アラスカ物語
記:  2007 / 02 / 12

「あっさり」に過ぎるのでは、と思える文体だが、少し読み続ければそのなぞは解ける。 …

照柿・上下
記:  2007 / 01 / 26

超スローピッチ。はっきり言ってキツイ。シンドイ。幾分ダルイ。 が、なぜか辛抱して読…

リヴィエラを撃て
記:  2006 / 11 / 20

時は1972〜1995年の長きにわたって背景となる。中国が文革から民主化へ路線をシ…

エンブリオ
記:  2006 / 08 / 13

これはまた、行き帰りの通勤電車のお供に特におすすめである。息もつかずに読めるといっ…

光源
記:  2006 / 08 / 12

ピッチの早いサスペンスを期待してはいけません。 最後まで警察官も刑事も探偵も登場し…

逃亡
記:  2005 / 11 / 07

「ヒトラーの防具」をさらに越えたボリューム。上巻が623、下巻が581ページの超大…

ヒトラーの防具
記:  2005 / 10 / 10

ジャケットのポケットに入れて持ち歩くと、間違いなく型崩れする。上下とも550ページ…

薔薇窓
記:  2005 / 09 / 11

各400ページちょいが上下。そこそこのボリュームだが、読み始めてみると苦にはならな…

12年目の映像
記:  2005 / 09 / 06

これは年代によって読後感が大きく違うだろう。どの世代にとっても、「ずっしり」な「作…

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【新着情報】RE:BORN リボーン

★豪華キャスト&スタッフが集結!! ★…

旅塾

▲このページのトップへ