勝手に読書録

東京物語
記:  2008 / 03 / 07

平成元年に30歳を迎えた層。すなわち団塊の世代のひと世代あとに該当する向きには、読…

空中ブランコ
記:  2008 / 01 / 18

出たよ、出たよ。待望の「伊良部先生シリーズ」第2弾! Book1stの店頭で偶然み…

ダーク
記:  2007 / 11 / 19

何といっても桐野作品に登場する「男前」な、ツオイ女にはほれぼれする。だから、どうし…

アッシュベイビー
記:  2007 / 11 / 02

ヤバイね。アブナイよ、マジ。 エロチック、グロテスク、サイケ・ファンタジック、ポエ…

ひとり日和
記:  2007 / 10 / 29

「情動を抑えた書き口」と評すると作品の理解を取り違える。 感情が抑制されているので…

最悪
記:  2007 / 10 / 25

やっかいな作品。 少々の息苦しさを覚悟した方がいいかもしれない。闇の中を手探りで歩…

イン・ザ・プール
記:  2007 / 10 / 13

電車中読者の方はご用心。 思わず「アハハ」とやっちゃって、慌てて周りを見回したりす…

ウランバーナの森
記:  2007 / 10 / 12

独特な読後感。 読み出し、チョイ面倒っちかったりもする。 特異な雰囲気になじんだこ…

邪魔
記:  2007 / 10 / 04

さてこれは刑事もの? 刑事が犯人を追うのだからして。いやしかし、ちょっと枠外のよう…

サウスバウンド
記:  2007 / 09 / 19

まあ、面白いから読んでみて! あっという間に上下巻を読み通してしまう。 2006年…

残虐記
記:  2007 / 09 / 06

小気味いいスピード感、チャーミングな舞台設定のミステリーといった桐野作品に対する既…

墓地を見おろす家
記:  2007 / 08 / 21

おっと! 「結局何がいいたかったのか?!」「人間観・自然観は?」「一体、何がしたか…

愛人 -ラマン-
記:  2007 / 08 / 15

恐ろしく感覚的。説明がすっ飛んだ舌足らずとも思える短か目のセンテンス。 大昔前に、…

モデラート・カンタービレ
記:  2007 / 08 / 15

「普通の速さで」「歌うように」。 作中、たびたび目にする曲調を表す音楽用語。さて、…

知りたがりやの猫
記:  2007 / 06 / 28

世の殿方・男性諸氏。 「あら〜いや〜ん」 しどけなく愛らしい甘えの裏で「バッカめ」…

ふいに吹く風
記:  2007 / 06 / 22

信州の四季の移ろいや身辺の様々、医療従事者としての日々に寄せたエッセイ。それぞれは…

阿弥陀堂だより
記:  2007 / 06 / 02

懐かしさで満たされる。 日本の原風景の中で「和」な「死」が語られる。 人間、このよ…

ダイヤモンドダスト
記:  2007 / 05 / 29

もやいだ霧の水滴が凍り、空気中の水蒸気が直接昇華して結ぶ小さな氷の結晶が、日光を乱…

セックスボランティア
記:  2007 / 05 / 10

なんてこと!!! 最後まで心を痛めながら読了となる。 受け取った感慨を大事に胸に沈…

あの世はあった―文豪たちは見た!ふるえた!
記:  2007 / 05 / 07

表題から察するとおり「あちら」のお話しである。 日本文学史上に名を残す文豪、世界史…

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
T2 トレインスポッティング

90年代、ポップカルチャーの代名詞とな…

旅塾

▲このページのトップへ