勝手に読書録

あの頃の誰か
記:  2011 / 01 / 24

近年は原作作品が連続ドラマに二時間ものに、そして映画に舞台にと、次々に取り上げられて…

パラドックス13
記:  2011 / 01 / 21

『白夜行』の映画レビューを書いていて、「東野圭吾って読んだことないなぁ〜」なんて思…

闇に消えた怪人 グリコ・森永事件の真相
記:  2011 / 01 / 20

生まれてこの方、「いちばん印象に残っているニュース」とはなんだろうか。 『千葉ロ…

泣いて、笑って、母でよかった
記:  2010 / 11 / 26

保育・教職従事者、看護・医療従事者は必読。子育て進行中はもとより、経験者、潜在経験…

ブレイズメス1990
記:  2010 / 11 / 08

「旅の友」を携える絶対条件は「かさばらない」「重くない」ではあるが、残念ながら本作…

ブラックペアン1988(上下)
記:  2010 / 10 / 15

いやー、読み出してすぐに嬉しくなる。 一連の海堂作品、すなわちバチスタ、田口&白鳥…

螺鈿迷宮(上下)
記:  2010 / 10 / 12

たった今から海堂作品を読み始めるとして、「おびただしい作品群をどの順に読み進めるか…

陋巷に在り(1〜13巻)
記:  2010 / 09 / 26

少々の覚悟を以って読み始められたし。 何しろ13巻もある。その上、第1巻「儒」の巻…

ひかりの剣
記:  2010 / 09 / 13

例えば暇つぶしに入った書店でただ表題に惹かれて求めた。積んだまま忘れていたのをたま…

エグザイルス
記:  2009 / 08 / 31

「若いころはヤンチャだったんだ」「ぶっ飛んで時代の先端、行ってたな」 ってな向きの…

残された山靴―佐瀬稔遺稿集
記:  2008 / 11 / 13

世界の山岳史に名を残す日本人アルピニストたちが遺した登山靴。それらは大概は、はいて…

狼は帰らず―アルピニスト・森田勝の生と死
記:  2008 / 11 / 07

顛末が表題で示されている。わかっていて読み進めるのは結構つらい。 同著者作の「虚空…

長谷川恒男 虚空の登攀者
記:  2008 / 10 / 30

読み進めながら、何度、鼻の奥がツンとしたことだろう。 電車中で人目もはばからず涙を…

時が滲む朝
記:  2008 / 10 / 24

帯に「天安門事件前夜から北京五輪前夜まで〜中国民主化勢力の青春と挫折」とある。 中…

国家と犯罪
記:  2008 / 10 / 23

船戸作品の読者なら「国家と犯罪」と聞けばピンとくるはず。 国家が犯罪をどう取り締ま…

金門島流離譚
記:  2008 / 09 / 29

およそ1国を現在に至らしめている「歴史」、しかも他国の歴史をどれくらいの人間が紐解…

伝説なき地(上下)
記:  2008 / 09 / 17

ああ、どうしょうもない、どうしょうもない! なんと人間存在の絶望的なることか!! …

新宿・夏の死
記:  2008 / 09 / 04

まあ、文庫本なのにかさばること! 夏の、しかも新宿を舞台の今の今を描いた8編が編ま…

剣岳 -点の記-
記:  2008 / 08 / 25

本作を百倍楽しむ法のひとつが「剱岳に登ってみよ!」であることは間違いないだろう。実…

猛き箱舟(上下)
記:  2008 / 05 / 22

「虹の谷の五月」「砂のクロニクル」「神話の果て」「緋色の時代」「流沙の塔」&hel…

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【新着情報】栞

★元理学療法士の榊原監督による、 ★理…

旅塾

▲このページのトップへ