ikkieの音楽総研

第335回 俺らの音楽編 Unknown Masterpieces ―― もっと世に知られてほしい、隠れた名曲たち #2

2023 / 04 / 04

リッチー・サンボラが、BON JOVIへの復帰について話し合っていると最近のインタビューで話しているようです。それが本当ならすごく嬉しいニュース! ......なんだけど、リッチーがいない間に正式メンバーになったフィル・Xはどうなるんだろう。フィルは、正式加入する前には自身のTwitterのプロフィールに「BON JOVIでギターを弾いている。もちろんリッチーが戻ってくるまでね!」なんてことを書いていたくらい謙虚な人だけど、もう10年ほどBON JOVIを支えてきた人なわけだし、フィルにとってもいい結果になるといいなと思っています。......さて、今回の音楽総研は前回に引き続き、もっと世の中に知られてほしい名曲をご紹介! 隠れた名曲、まだまだたくさんあります。

1曲目はKING'S X の『Over My Head 』! KING'S Xは1988年にデビューしたアメリカのロックバンド。ハードロックをベースとしつつ、ファンクやプログレなど様々な要素をミックスしたサウンドはひとつのジャンルにくくるのが難しく、当時の音楽雑誌なんかでも扱いに困っているような印象があったかも。そのせいなのか、マニアックな音楽ファン以外にはあまり受け入れられていなかったような。俺の周りでも、名前は知っていても聴いたことがないって人が多かった。そういえば、20年くらい前にアメリカに行った時に、友人のホームステイ先の車に乗ったらこの曲がかかっていて、「おお、アメリカだと普通に聴かれてるんだ」なんて驚いたんだけど、後で聞いたら運転していた人もミュージシャンでね。本国でもマニアックな人しか聴いていなかったという。タイ・テイバー のスケールアウト気味なギターがカッコいいです。


KING'S X 『Over My Head』
MV初めて観た。ダグ・ピニック(Vo,B)めちゃくちゃカッコイイじゃん

 


続く2曲目はMANIC EDEN の『Dark Shade Of Grey』。MANIC EDENはWHITESNAKEのメンバーだったエイドリアン・ヴァンデンバーグ(G)、ルディ・サーゾ(B)、トミー・アルドリッジ(Dr)に、元LITTLE CAESAR のロン・ヤング(Vo)で結成したバンド。1994年にアルバムを発表するも、WHITESNAKEの再結成などの影響もあってか、その1枚のみを残して解散しています。WHITESNAKEの元メンバーたちがこぞって参加しているバンドだけに、やはりWHITESNAKEっぽいサウンドを期待した人が多かったようだけど、WHITESNAKEよりも土着的なサウンドで、実に渋いバンドだったこともあり、まったくヒットせずに終わってしまった。俺はこういうブルージーなサウンドが大好物だから、このアルバムはよく聴いていたし、この曲なんてほんとにいい曲なんだけどなあ。

MANIC EDEN 『Dark Shade Of Grey』
公式動画はなし。VANDENBERGもいいけど、またMANIC EDENやってくれないかなあ......

 


3曲目はTWISTED SISTERの『Hot Love』。バンドの人気低迷時にリリースされ、充実した内容ながらも残念ながらヒットせずに終わったアルバム、『Love Is For Suckers 』に収録されたキャッチーな楽曲です。このアルバムをリリースしたころの彼らは、例のドラァグクイーン的な奇抜なメイクはしておらず、メイクのせいで聴かず嫌いだった人にも正当な評価を受けられるはずだ、と期待していたんだけど、アルバムリリースのわずか2ヶ月後にバンドの顔だったシンガーのディー・スナイダー が脱退し、TWISTED SISTERは解散してしまう。このアルバムは過去のヒット作以上に完成度が高いし、もっとヒットしてもよかったと思うんだけど、誰もTWISTED SISTERに"普通にカッコいい"サウンドは望んでいなかったのかなあ。ちなみに、ギターはレブ・ビーチが弾いているんだよね。なんでだろ?

TWISTED SISTER 『Hot Love』
TWISTED SISTERらしからぬ垢ぬけた曲調に最初は驚いたけど、ディーの歌が聴こえればもうTWISTED SISTER!
ソロがエディ・オジェイダっぽくないな、と思っていたら、なんとWINGERでデビューする前のレブが弾いていたという

 


4曲目はRIVERDOGSの『Baby Blue 』。RIVERDOGSのことは以前にも紹介したけど、俺の理想のサウンドを出すバンドのひとつです。ブルージーな演奏にキャッチーで切ないヴォーカルメロディが乗るハードロックは大好物! ずっとこういうバンドをやりたいと思ってはいるんだけど、なかなかこういう歌を歌える人に出会えず、今に至るという。俺もこんなふうには歌えないし。DIOやWHITESNAKEのメンバーだったヴィヴィアン・キャンベルが加入したことで、ヴィヴィアンが中心のバンドだと思われがちだったけど、このバンドのサウンドはあくまでロブ・ラモスの歌が中心。しかし、それまでのゴリゴリ弾きまくるスタイルから、流麗なプレイへと進化したヴィヴィアンのギターも素晴らしく、個人的にはこのアルバムでのプレイがヴィヴィアンのベストじゃないかと思っています。DEF LEPPARDでのヴィヴィアンはだいぶ控えめだしね。ヴィヴィアンはLAST IN LINE のほうに力を入れていそうだけど、RIVERDOGSももっとやってほしいな。

RIVERDOGS 『Baby Blue』
名曲! こういうふうに歌えるようになりたいなあ

 


......もっともっと紹介したい曲はあるんだけど、今回はとりあえずこの辺で。前回の分もあわせて、この隠れた名曲たちをぜひ聴いてみてくださいね。そして、自分しか知らないんじゃないかっていうマニアックな名曲あるぞ、という方はぜひ俺に教えてください。隠れた名曲、どんどん世の中に広めましょう!



※ikkieのYouTubeチャンネルです!
https://www.youtube.com/channel/UC-WSajndNhq0tu7K7-MBEmQ?view_as=subscriber 











エンタメ ikkieの音楽総研   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】インフィニティ・プール

スランプに陥った作家が、リゾート地…

旅塾

▲このページのトップへ