シネマピア

2022年   2021年   2020年   2019年   2018年   2017年   2016年   2015年   2014年   2013年   2012年   2011年   2010年   2009年   2008年   2007年   2006年  

昼顔【往年の名女優 カトリーヌドヌーブ】

2007 / 06 / 06

前にも書いたが、今年のフランス映画祭の来日団長としてカトリーヌ・ドヌーブが任命されたのを機会に若き日のドヌーブを観てみようとTSUTAYAに走った。可愛らしくも「萌え」る「シェルブールの雨傘(1962…

シェルブールの雨傘【往年の名女優 カトリーヌドヌーブ】

2007 / 06 / 06

1993年より毎年開催されているフランス映画祭もすっかり定着した感があるが、2007年、すなわち今年の目玉は、その映画祭来日団長としてカトリーヌ・ドヌーブが任命されたことだろう。 そのカトリーヌ・…

死刑台のエレベーター【往年の名女優 ジャンヌ・モロー】

2007 / 06 / 06

「もう耐えられない。愛している。愛している。だからやるのよ」 受話器を耳にした女の顔のクローズ・アップに、マイルス・デイヴィスのトランペットが流れ始める。女はジャンヌ・モロー。彼女は自分の旦那を殺すよ…

選挙

2007 / 05 / 30

コメント一切なしで赤裸々に綴る選挙の実態 選挙の裏側なんて、だいたいはテレビやなんかで時おり報じられるくらいである。概してテレビはテレビであるから、当然ナレーターのコメントが入る。それは放送作家がテレ…

ザ・シューター/極大射程

2007 / 05 / 25

アクションモノを観るとき、キャストの動き具合やストーリーもさることながら、注目してしまうのは何といっても役者の肉体である。主演のマーク・ウォールバーグといえば、年初に公開された『ディパーテッド』でジャ…

フランシスコの2人の息子

2007 / 03 / 19

ミュージシャンという仕事で大成するのは並大抵のことではない。それは日本の真裏に位置するブラジルでも同じことだ。 音楽を心の支えに生きる父、フランシスコは、息子たちをプロのミュージシャンにするため、なけ…

輝ける女たち

2007 / 03 / 05

★カトリーヌ・ドヌーヴ10年ぶりの来日決定! 最新作はフランス映画祭2007 オープニング作品 カトリーヌ・ドヌーヴ、というと、「シェルブールの雨傘(1964)」や、「昼顔(1967)」での可憐な…

パフューム -ある人殺しの物語-

2007 / 03 / 02

衝撃にも何種類かある。アクションもののように、画像の中の人やモノのアクティブな動き自体が衝撃的なもの。スプラッタのように、生理的嫌悪感が衝撃を与えるもの。そして本作はといえば、ストーリーそのものが観客…

華麗なる恋の舞台で

2007 / 02 / 27

映画というものは、現実逃避の道具でもある。日常の様々なしがらみから逃れ、別世界へと心を解き放つ。現実からかけ離れたSFもいいが、現実に即し、尚且つ少しだけ浮世離れしているくらいが効果的なこともある。 …

あなたになら言える秘密のこと

2007 / 02 / 26

たとえ辛い過去があっても、たった一人の大切な人がいるだけで生きていける。そんな珠玉のメッセージがこめられているのが本作だ。 心がなくなってしまったかのように、友だちも作らず趣味もなく、機械のように日…

それでもボクはやってない

2007 / 02 / 19

『Shall we ダンス?』の周防監督が日本の刑事裁判制度の問題点を浮き彫りにさせる社会派ヒューマン・ドラマの登場だ。 就職活動中の主人公は面接へ向かう途中、電車の中で痴漢に間違われて現行犯逮捕され…

長州ファイブ

2007 / 02 / 07

「愛国心」という言葉は、日本ではどうも馴染みが薄い。ともすると戦争の記憶と結び付けてしまい、ネガティブな言葉と印象付けてしまう御仁もいるだろうし、愛国心教育の是非の論争も記憶に新しいところだ。 幕…

ピンチクリフ・グランプリ

2007 / 02 / 05

最初に宣言しておきます。この「ピンチクリフ・グランプリ」(原題:The Fla(*aの上に○)klypa Grand Prix)ものすごくヒイキします(笑)。正直ホメまくりです。だって本当にいい映画な…

世界最速のインディアン

2007 / 01 / 28

小さな小屋に一人暮らしの63歳のおじいちゃんが、インディアンという名のポンコツバイクを独力で改造し続け、世界最速記録に挑戦しようとする実在のサクセス・ストーリーが本作だ。 今まで変質者や神経質な人間ば…

ディパーテッド

2007 / 01 / 19

甘いだけのイケメン俳優ではなくなったディカプリオの登場である。息もつかせぬ心理戦のなかで見せる表情、仕草、体中からあふれるオーラのすべてが、今までとは一味も二味も違うのだ。 警察に潜入したマフィアの…

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】渇きと偽り

干ばつが続くオーストラリアの片田舎…

旅塾

▲このページのトップへ