シネマピア

2019年   2018年   2017年   2016年   2015年   2014年   2013年   2012年   2011年   2010年   2009年   2008年   2007年   2006年  

クロッシング

2010 / 10 / 18

北朝鮮映画で同タイトルの感動ドラマ作があるが、本作は作品もテイストもまったく別物。リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードルの豪華俳優3人が刑事役に扮し、幾重にも屈折した人生の闇を垣間見せるク…

ノーウェア・ボーイ ひとりぼっちのあいつ

2010 / 10 / 12

「ジョン・レノンがいなければ今の私はない」 そう言っても過言ではないだろう……おそらくだけど、この世界にそんな人は星の数ほどいる。すべてを彼から学んだ、そして今でも&he…

おまえうまそうだな

2010 / 10 / 08

古典的名作の『みにくいアヒルの子』や昨今では『重力ピエロ』もそうだが、血の繋がっていない家族という設定はそれだけで切なく悲しいカルマを含んでいる。 草食系恐竜のお母さんに育てられた肉食恐竜のハー…

パンドラム

2010 / 10 / 01

宇宙船、お化け屋敷の怪。『バイオハザードIV アフターライフ』の監督ポール・W・S・アンダーソンが製作側に回って作り上げたのが本作。口コミが口コミを呼び、今でもマニアからカルト的支持を得る『イベント・…

十三人の刺客

2010 / 09 / 24

役所広司、市村正親、山田孝之、伊勢谷友介、伊原剛志、松方弘樹、松本幸四郎、沢村一樹、六角精児。錚々たる顔ぶれの刺客たち13人が、稲垣吾郎扮する暴君を倒すべく300人を超える兵たちと死闘を繰り広げる。…

超強台風

2010 / 09 / 16

フルCG全盛のこの時代。ハリウッドでは通常100億円単位の予算を投じるところを本作では6?7億円に抑え、台風シーンなどは実際に台風に見舞われた際にロケするなど、あえて手作り感満載に仕上がっているディザ…

メッセージ

2010 / 09 / 10

様々な人の死が予見できてしまうという“メッセンジャー”。ニコラス・ケイジが『魔法使いの弟子』でファンタジックな役柄をこなしたのは記憶に新しいが、本作ではメッセンジャー役をジョ…

恋愛戯曲 私と恋におちてください。

2010 / 09 / 06

私が初めて観た鴻上尚史の舞台は『天使は瞳を閉じて』だった。あれから結構な年月が経った気がするが、今回は自身の舞台を自らメガホンを取って映画化したラブコメディー。果たして映画は舞台を越えられたか!1行も…

トラブル・イン・ハリウッド

2010 / 09 / 03

ロバート・デ・ニーロ、ショーン・ペン、ブルース・ウィリス……と、そうそうたる面子が揃い、ハリウッドの内幕を暴くシニカル・コメディ。イケメン男子やそそられる美女の私生活が我々…

東京島

2010 / 08 / 27

電気も水道もガスも、お金さえあれば自由に使うことのできる文明社会で暮らしている現代人。だが、ひとたびその文明の利器を奪われ、無人島に漂着したら? 人間の本性が剥きだしになるこのシチュエーションで、お世…

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

2010 / 08 / 19

80年代にアメリカで熱狂的なファンを生み出したテレビシリーズ『特攻野郎Aチーム』。日本でも何度も再放送された本作は、やはり男たちのハートをガッシリ掴んだ。これまで何故か映画化されなかった本作が満を持…

ヤギと男と男と壁と

2010 / 08 / 13

実在した米軍の超能力部隊のトンデモな活動を、ジョージ・クルーニー、ジェフ・ブリッジス、ユアン・マクレガー、ケヴィン・スペイシーと、錚々たるハリウッドスターらが怪演。あやしいワールド全開の「なんじゃこり…

ペルシャ猫を誰も知らない

2010 / 08 / 07

事前に歌詞を当局に提出して許可を得られなければ、ライブもCDリリースもできない国、イラン。どうしてもやりたければ警察の目をかいくぐってやるしかないが、それには逮捕や罰金といったリスクが付きまとう。ミュ…

瞳の奥の秘密

2010 / 07 / 30

アカデミー賞外国語映画賞といえば、08年に日本の『おくりびと』が受賞したこともまだ記憶に新しい。そして本年度はアルゼンチンの本作が見事受賞に輝いた。本国アルゼンチン・アカデミー賞でも13部門を受賞した…

ポワゾン

2010 / 07 / 29

今年の夏の注目作『ソルト』。 アンジェリーナ・ジョリー扮するCIAのスパイ、「イヴリン・ソルト」が二重スパイの疑いをかけられる。そしてその潔白を証明するために、逃亡プラス銃撃戦やらのアクションでC…

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
たちあがる女

送電線に向けて弓矢を引く中年女。彼女の…

旅塾

▲このページのトップへ